生活レシピ集

ホットヨガでダイエットに成功しました

1月 29th, 2016by admin

ホットヨガは美容と健康のために始めました。たくさん汗をかいて、気持ちよく体を動かし程よく鍛える事ができるという事で、適度なキツさで長く続ける事ができると考えたのです。その考えはまさにあたっていて、あまりこういった健康ものを長く続ける事ができない私も、ホットヨガは長く続けられました。
肌の質も良くなりましたし、それでいて気がついたら引き締まって健康的に痩せる事ができていたので、一石二鳥でとても嬉しかったです。無理な食事制限などで痩せるわけではありませんから、リバンドもありません。今も体型維持できています。
体型維持の秘密はホットヨガだけでなく、水素水を毎日飲んでいる事もあります。
>>水素水NAVI|健やかな生活を送る為に

健康、美容、ダイエットと、女性ならば大好きそうなキーワード全てに効果がありますから、これ程嬉しいものはないのではないでしょうか。

体験エステ

10月 28th, 2013by admin

エステにいってみたい、コースで通ってみたい、と思う人はたくさんいるでしょう。
でも、値段が高いとどうしてもためらってしまいます。
無料カウンセリングはあるけれど、しつこい勧誘をされて勢いで契約してしまったらいやだな、と考えてしまう人もいるでしょう。
そんなときは、無料カウンセリングの次は、格安の体験コースをしてみるのがベストです。
エステで脱毛したいのか、痩身したいのか、マッサージでリラックスしたいのか、目的はいろいろあります。
昨年あたりからは炭酸パックが体験メニューにあるエステも増えてきました。エステサロンによって違ってきますが、自分ではできないことをプロの技術で施術してもらうのは、いいですね。
体験してみて、いいと思ったら別のコースや高いコースにしてみるのもいいと思います。

男性のウィッグ

10月 28th, 2013by admin

男性も、オシャレや美容に気を使う人が多くなりました。
メンズエステや男の基礎化粧品などが市場に出回り、特に恥ずかしがることなくそれらを利用する男性が増えているようです。
散髪についても、理容院ではなく、美容院を好んで利用する男性が多いことに気づきます。
男性用のウィッグもネットで販売されているのを見かけます。
髪の毛は、女性より男性の方がホルモンの関係で薄くなりがちです。
脱毛を救済する手段として、「かつら」を利用する人は、以前からいましたが、オシャレのイメージからは程遠いものでした。
しかしながら、男性用のウィッグは、はげた頭を隠す為のものではなく、ファッションの一部として使用されるものに変わりました。
男性用のウィッグは、今のところ一般の人にはあまり知られていませんが、今後ニーズが高まるかもしれません。

エイジングと皮をむいたリンゴの関係

3月 13th, 2012by admin

アンチエイジングとは、日本語では抗老化と訳します。
アンチエイジング学会というものまであるくらいで、医学界でも研究がされている分野です。
美容だけでなく、老化を研究することは病気の予防や治療に役立つということが判っているからです。
よく例に上げられるのは、リンゴの実験です。
リンゴを剥いてお皿に並べます。最初は瑞々しくて、白い果肉ですが、時間が経つとだんだん水分がぬけて、茶色に変色してきますよね。
これが老化です。
人間はリンゴじゃないですけど、老化の過程はこのリンゴと同じです。
皮を剥いたリンゴの果肉はそのままだと酸素や光にさらされて、水分は蒸発し、白かった肌は変色していくし、皮の部分は干からびてきます。
老化の原因には色々ありますが、主な物は酸化と紫外線です。
リンゴが茶色くなるのは、人間の肌にシミができるのと似ています。
そして、乾燥がすすむと干からびてきます、これはシワができるのと同じです。

ストレスをためない

3月 7th, 2012by admin

ストレスは美容と健康の大敵である事は良く知られた事です。
強いストレスが原因で一晩にして白髪がどっと増えたという話は良く聞きます。

外見だけではなく、健康を損ねるとしたら、それは究極的には生死にかかわる問題ですから
上手にストレスを逃がしてやる工夫が大切になります。
趣味に没頭するのも良いですし、これといった趣味がないならば、ボーっとしているだけでも
ストレスは逃がす事ができます。
生き方上手な人は、ストレスの上手な逃がし方を知っています。
ストレス自体から逃げるのではなく、ストレスを受け流す、逃がす工夫が現代社会を上手に生きていくコツなのです。

忙しい女性の食生活

2月 22nd, 2012by admin

忙しく働いている女性は食生活が乱れがちです。
当の健康の維持を担当する病院に勤めている看護師さんですら食生活は乱れがち。
忙しいのは当たり前といったところでしょうか。
しかし、いくら忙しいからといって食事を抜いたりするのは良くありません。
その日の働く元気がでないだけではなく、美容にも良くないのです。
中にはダイエットになるという理由をつけて朝食を抜いたりする女性も多いのですが、
はっきりいって逆効果。その分、どうしても間食が増えますし、栄養が不足すると肌細胞が
不健康になってしまうのです。

 

ひとりひとりの「こだわり」

2月 17th, 2012by admin

人は誰しも「こだわり」を持って生きています。
それほどこだわりがないように見える人でも
、あるいは、自分自身で自覚していない人でも
必ず生きる指針となるこだわりがあります。
身につけるものなどが端的な例です。
このブランドへこだわっている人は類似しているジーショックではNGなのです。
他人から見ると同じように見えるのですが、当人からすれば天と地ほど違う。
それがこだわりです。
このこだわりがあるほど、人生は乗り越えるべき壁が高く、また多くなりますが、
その分、充実した人生になる確率が高いと言えます。
逆に僧侶のようにこだわりがなければ、人生は平坦であり、悩みも少ないのですが、
同時に退屈な面が出てきてしまうのです。

花粉症

2月 1st, 2012by admin

春先になると、杉の花粉症で目がしょぼしょぼする人が増えています。

確かに、戦後の木材特需によって、原生林が切り開かれ、大量の杉が植えられました。そこで、杉花粉が増えているといえます。

目のケアにはブルーベリー サプリメントが良いとされますが、花粉症にはあまり有効ではないと思います。

更に、木材価格の暴落によって、枝打ちなどのケアがされなくなったこともこれに拍車をかけているのではないでしょうか。

しかし、花粉症が社会問題になりだしたのは、ここ2、30年くらいのことです。

どうも大気汚染と連動しているらしい、とのことです。

ただ、現実問題として、目がしょぼしょぼしたり、くしゃみ鼻水が止まらない場合にどうしたらよいのでしょうか。

どれもこれも花粉アレルギーが原因なのですが、目は眼科、くしゃみ鼻水は耳鼻科と、通う診療科目が異なるのははなはだめんどうですね。

もっとも、抗アレルギー剤を出してくれるので、ひとつの科目で処方されると、他の症状も軽くなることがあります。

そして、原因となる花粉を体内に取り込まない、室内に取り込まない、そういう工夫が必要です。

目を保護するゴーグル、花粉を通さないマスク、鼻のまわりに塗って花粉がつかないようにするクリームなどいろいろなグッズがでています。

目を洗うのもよいのですが、目の周りの汚れが目に入らないように注意することが必要です。

つるつるの肌

2月 1st, 2012by admin

つるつるの赤ちゃん肌は全女性のあこがれです。
触ってみて気持ちがいいし、しわやしみも一つもありません。
肌の質もそうですが、ムダ毛がないのも理想的です。
自己処理にはやはり限界があり、
自己処理のせいで色素沈着ができてしまう方もおられます。
余裕があるならサロンでムダ毛の処理をするのがベターです。
最近の器具は高性能のものが出ていますから短時間に綺麗にしてくれます。

健康の2つのテーマ

1月 28th, 2012by admin

さて、健康には2つのテーマがあります。
一つは栄養を考えた食生活です。
生命を維持するだけでは無く、健やかな人生を送るには、栄養のある食生活をしなければいけません。
栄養状態を適正に保つために必要な栄養素等を摂取することが求められます。
その一方で食生活は社会的、文化的な営みであって、人々の生活の向上も忘れてはいけません。
これだけ、健康、健康と云われ続けてきて、サプリメントも多岐に亘り増えてるにも関わらず、現在、がん、心疾患、脳卒中、糖尿病等の生活習慣病の増加が深刻な問題となってきている事は不可思議で仕方がありません。
さて、もう一つは運動です。
この運動も正確にやることこそ大切です。
そうでなければ、ただの時間の浪費になってしまいます。

毎日の生活

1月 28th, 2012by admin

私たちは日々の生活で忙殺されています。
毎日毎日くりかえしでうんざり、というのは少々ぜいたくな学生の悩みかも知れませんね。
毎日毎日くりかえすだけで、生活できるならそれで御の字なのかも知れないのです。
私たちの生活は、いつもは意識しなくても様々なリスクを負っています。
そのリスクの大きさを正確に見極める眼がとても大切。
リスクを大きく見積もりすぎたり、過小評価したりするのではなく、
正確な大きさを把握することが重要なんです。